月の旅
文化の日を過ぎてから晴天が続き月もよく見られるようになってきました。
上弦の月を過ぎて帰宅時刻などに天高く昇る月を眺めている方も多いことと思います。
これから満月までの一週間は満ちて行く月をじっくり追い続けることが出来そうです。

前回に続き月の海や地形についてもう少しお話ししたいと思います。

撮影 11/05 17:59 旧暦十月九日 月齢8.221 位相100.33 輝面比58.97%
九日月
逆さになったウサギの胴体部分(晴れの海)から欠け際は更に広がり雨の海へと続いて闇に消えています。
晴れの海と雨の海の間には二つの大きな山脈が目立ちます。
地球にある山脈から名前を取ったコーカサス山脈とアペニン山脈は月面でも目を惹く山脈です。

欠け際では太陽の光が横からあたりますので、標高の高い山脈などは影が出来立体的に眺めることが出来ます。
平坦に見える海の中にも欠け際では幾つもの起伏を見つけ出すことが出来ます。
月面の楽しみ方は欠け際の地形を眺めることと言っても過言ではありません。

二つの山脈から欠け際を南に進んでいくと沢山のクレーターが目立ちます。
欠け際のクレーターは中央火口列と呼ばれる中南部の高地で海の多い月面で広大な陸地と言えます。

沢山のクレーターには世界中の著名な学者達の名が刻まれています。
哲学者・数学者・天文学者・物理学者だけでなく歴史家や宗教学者・医学者のほかラテン語や様々な国の女性や男性の代表的な名や著名な文学者の名といった様々なものがあります。
クレーターなどの名称は国際天文学連合が管理していますが、その名前からどのような人物なのかを調べてみるのも奥の深い楽しみ方の一つ言えます。

JUGEMテーマ:月を撮ろう

続きを読む >>
2019.11.05 Tuesday 23:33 | | comments(2) | trackbacks(0)
上弦の月
連休最終日は良く晴れましたが夕方から雲が広がり風が強まりました。

宵のうちに天頂付近から雲が晴れ月が顔を出しましたがシーイングが悪く露出を下げてシャッター速度を稼ぎましたが細かいクレータや月縁部は乱れています。

月の模様は月面上の暗く見える部分で明るい部分との対比で海と呼ばれています。
上弦の月で大きな海はちょうどウサギの頭の部分にあたり親しみやすい模様としてよく知られています。

写真ではウサギは逆さになっていますが、顔の部分がアポロ11号の着陸地点でもある静かの海です。
小さな右耳が神酒の海、大きな左耳は豊の海です。
身体の部分にあたるのが晴れの海で東南部分は静かの海と繋がっています。

顔の左横に見える丸い玉のような海は危難の海(危機の海)ですが、月の首振り運動によってもっと月縁部に近く見えるときがあり、月がどちらに首を振っているかの目安にもなります。

月面の楽しみ方は尽きませんが、海の模様からその名を覚えながら次第にクレーターや山脈そして谷や峰のほか光条など次第に細かい部分を見て行く事でより深く楽しむことが出来ます。

これからの季節はゆっくりと眺めるにはしっかりとした防寒対策が必要ですが、写真の月であれば暖かい部屋の中でじっくりと眺めれるので楽しみ方の一つになります。

撮影 11/04 19:43 旧暦十月八日 月齢7.294 位相90.14 輝面比50.12%
上弦の月

JUGEMテーマ:月を撮ろう



2019.11.04 Monday 23:23 | | comments(0) | trackbacks(0)
ムーンカレンダー2020
ムーンカレンダー2020年版のダウンロード販売を開始致しました。
カレンダーファイルは全てベクトルデータで作られいますので様々なサイズの用紙にプリントして戴いても劣化することなくお使い戴けます。

コンビニのネットプリントや個人向けの大判出力サービスなどを利用することでA3やA2など大きなサイズで高精細な出力をご利用戴くことも出来ます。

決済手数料の低下などによりまして、より低価格でご提供できるようになりました。
多くの方々にご協力を戴きまして無事に辿り着くことが出来ましたことをここに感謝致します。

月を意識した一年をお過ごし戴ければ何よりもの幸いです。

ダウンロード販売はSTORES.JPにて
https://moonsystem.stores.jp/
ムーンカレンダー2020S
2019.11.03 Sunday 13:07 | 月齢カレンダー | comments(0) | trackbacks(0)
六日月
薄雲が濃くなる中で夕刻の月は次第に霞んで行きます。

昨日の月に比べて大きく満ちているのが分かりますが輝面比は約10%も違います。
また、今夜は月の北に土星が接近しています。

撮影 11/02 17:15 旧暦十月六日 月齢5.191 位相66.31 輝面比29.91%
六日月

JUGEMテーマ:月を撮ろう

続きを読む >>
2019.11.02 Saturday 20:05 | | comments(0) | trackbacks(0)
五日月
夕闇の西空に傾く五日月が綺麗です。
天候に恵まれなかった10月には台風の被害で多くの方々が犠牲になりました。
被害に遭われた方々の一日も早い復興を月に祈ります。

撮影 11/01 17:24 旧暦十月五日 月齢4.197 位相54.5 輝面比20.98%
五日月
続きを読む >>
2019.11.01 Friday 18:45 | | comments(0) | trackbacks(0)
二十四夜月
かつて月待ち信仰という宗教的習わしがありました。
決まった月齢に集まり経を唱えながら月の出を待ち、月を拝んで飲食を共にするという月を祭り祈願や厄除けの行事であったと伝えられています。
古くは鎌倉時代から始まり江戸時代を中心に明治の終わり頃まで行われていたようです。

中でも二十三夜待ち信仰の証としての塔は全国に数多く残されていて、旧暦九月二十三日には多くの人々が月待ちを行っていたことが知られています。
二十三夜の月の出は深夜0時頃で、さらに月がよく見え始めるのはその一時間後くらいとなります。

昨夜は旧暦九月二十三日にあたっていましたが台風による雨で月を拝することは出来ませんでした。
今日は台風が過ぎ夜遅くなってから星空が広がりました。

折しも日中には即位された天皇陛下が国の内外に宣明する即位礼正伝の儀式が執り行われました。
一日遅れの二十四夜の月となりましたが、神々しく輝く月はこの世の行く末を見守っているように感じます。

撮影 10/23 03:23 旧暦九月二十四日 月齢23.997 位相286.98 輝面比36.23%
二十四夜月
2019.10.23 Wednesday 04:46 | | comments(2) | trackbacks(0)
Calling All Angels
天に昇る月に向かって祈らずにはいられない
災害に苦しむ人々にどうか救いの手をお授けください
大きな悲しみを乗り越えて行けますように

2019.10.16 Wednesday 21:18 | | comments(0) | trackbacks(0)
ハンターズムーン
冬への準備ため狩に適した時期という意味を持つ月の名。
心なしかハロウィーンの月のようにも見えます。

昇り来る月は甚大な台風の被害に心を痛めているようです。
被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
1日も早く日常に戻れますよう願っています。

10/13 17:48 月齢14.59 位相174.29 輝面比99.75%
ハンターズムーン
2019.10.13 Sunday 23:54 | | comments(2) | trackbacks(0)
十一夜月
夕方から広がった雲間に姿を現した月は大きく満ちて来ています。
明後日の11日は十三夜・後の月ですが台風の影響で観月は難しそうです。
週末は大潮となり台風による高潮にも注意が必要です。

10/9 18:35 月齢10.63 位相130.98 輝面比82.8%
十一夜月
2019.10.09 Wednesday 21:58 | | comments(8) | trackbacks(0)
曼珠沙華
小川の遊歩道に咲く曼珠沙華

曼珠沙華
2019.09.30 Monday 23:46 | 風景 | comments(0) | trackbacks(0)