<< 立待月・十七夜 | main | 更待月・二十日夜月〜臥待月・十九夜月 >>
居待月・十八夜
居待ち月は仲秋の季語です。
このところの気候変動によって旧暦八月(新暦9月)では天候が安定せず観月が難しくなりつつあります。
11月に入ってやっと晴天率が上がり今夜で14日連続での観月となっています。

夜空の月を通して気候の変化について少し考えてみたいと思います。
日本周辺の海面温度の上昇から水蒸気量は増加の一途を辿っています。

単なる温暖化の一言で片付けるのは簡単ですが、日本国内の電力事情が現状では火力発電によってまかなわれていることが大きな原因なのではないかと感じます。

石油や石炭を燃焼して電力需要をまかなうため莫大な量の二酸化炭素を排出し続けています。
再生可能エネルギギーの利用は遅々として進まず環境への影響も無視できないことが次第に明らかとなって来ています。

風力発電の風車の設置には地形的に風の良く通る場所を選んで設置しています。
風車を設置したことにより電力は得られても風を失った土地では風通しが悪くなり湿度が増し農産物の発育など環境の変化が明らかになって来ています。
また、太陽光発電のパネルを設置した地域では気温の変化が大きく山林などの環境が大きく変わりつつあると言います。

日本の電力需要をを再生可能ネルギーでまかなうには一人あたりの環境面積の小さなこの国では自然界への影響が大き過ぎるということなのだと思います。

太陽光も風力も一端電力に変えてしまえば自然界は得られるはずのエネルギーを失います。
決して再生可能エネルギーではないことを認識しなければならいと思います。

1000年に一度の大災害といわれる被害が毎年のように起こりつつあります。
電力は現代の生活を支える大切なエネルギーですが、作り方についてもう一度よく考えることが大切だと思えてなりません。

撮影 11/15 00:01 旧暦十月十八日 月齢17.473 位相204.29 輝面比95.57%
十八夜

JUGEMテーマ:月を撮ろう



2019.11.15 Friday 01:14 | | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://blog.systemluna.com/trackback/449
トラックバック