<< 十六夜 | main | 居待月・十八夜 >>
立待月・十七夜
夕方のにわか雨が上がると雲間が明るくなり始めました。
雲の向こうに月が輝いていると確信して撮影の準備をするとゆっくりと姿を現してくれました。

1%程の欠け具合なのですが早くも少しかけ始めているのが分かります。
人の目は誤魔化せないものです。

撮影 11/13 18:54 旧暦十月十七日 月齢16.260 位相189.88 輝面比99.25%

2019.11.13 Wednesday 21:21 | | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://blog.systemluna.com/trackback/448
トラックバック