<< 五日月 | main | 満月 >>
後の月
Canon EOS Kiss Digital N / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO400, Av -2.0EV, F5.6, 1/30sec., WB:Manual

撮影から2日遅れのエントリーとなってしまいました。
この写真は10月30日の19時40分頃の撮影で、ぼんやりとした薄雲が掛かっていたので少し倍率の低い300mmで撮影してみました。

中秋の名月から27日目の旧暦九月十三日の夜の月は日本古来からの月見の風習があり、その形から栗名月とも言われます。
中秋の十五夜に月見を行うことが中国から伝わり、その翌月の十三夜に行なっていた日本固有のお月見を後の月と呼ぶようになったと言われています。

日本人は古くから十三夜や十六夜と言った満月のような真円でなく少し欠けている月を非常に美しいと感じて来たようです。


JUGEMテーマ:月を撮ろう
2009.11.01 Sunday 11:33 | | comments(5) | trackbacks(0)
コメント
先日作業をしながら流れていたラジオで、十三夜を知りました。
その作業後に、ふと見上げた空にお月様…。
そこにあるというだけで気持ちを和らげてくれるお月様にはいつも驚かされます。
栗名月とはまた、色も形もそうですが、季節も交えて表現する古人のユーモアは素敵ですね^^
少しかけた月を美しいとする感性にも、日本人特有のものが感じられますね。
| seal | 2009/11/01 11:54 AM |
「後の月」を拝見いたしました。
blogでも少し触れたのですが、「中秋の名月」「後の月」を同じ所で見るものという流行が江戸時代にありました。
私の記憶によりますと、先日旧暦8月15日の「中秋の名月」を天候の具合から見ることができなかったので、今回は「片月見」となってしまいましたが…

旧暦9月13日の「後の月」は、とても妖艶な空気を纏っていたように感じました。
完璧な円ではない不完全な美しさに惹かれる美意識が日本人にはあるように思います。今夜の十五夜もそのような気持ちで迎えたいと願っております。天候が気がかりです。

寒くなってまいりました。
体調管理をして大事にお過ごしくださいませ。
| ema | 2009/11/01 12:37 PM |
10月30日のお月さまに逢えてとても嬉しいです!
素敵なお写真をいつもありがとうございます!!
| アンジェ | 2009/11/02 5:07 AM |
後の月。
お月様が丸くなってきたな〜
と思いながら眺めていました。
まん丸じゃない、すこし楕円のような
月が称賛されていたとは知りませんでした。
これから東北は雪の季節です。
夜に外に出るのも辛くなってきます。
こちらで、お月様の写真を
堪能させていただきますね。
| ムーミンママ | 2009/11/02 10:55 AM |
いつもコメントを戴きまして本当にありがとうございます。
ご返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

●sealさん
見事なまでの満月も美しいものですが、どこか人知を超越した存在に感じることがあります。
それに比べて満ち行く途中であったり、徐々に欠け行く姿の月はとてもリアルでありながら心に迫るものがあるように感じます。
この写真のような柔らかな薄雲を纏うとより一層優しさが増して感じられるのかも知れませんね。

●emaさん
元々片見月とはどちらか一方という意味ではなく、十五夜月を見て十三夜月を見ないことを嫌ってそう呼んでいたようです。
江戸時代になって様々な制約を付け加えられて行ったのですが、元来は日本固有の十三夜月の行事をおろそかにしてはいけないと言う戒めではないかと思います。
また、昨今では特に欧米などから伝わった習わしについつい染まりがちですが、後の月を眺めていると改めてこの国の伝統や風習を大切にしなければいけないと感じますね。

●アンジェさん
お越し下さいましてありがとうございます。
拙い写真ばかりではございますが、どうかゆっくりとご覧頂ければ幸いです。
これからも少しずつエントリーして行きますのでどうぞ宜しくお願い致します。
またのお越しをお待ちしております。

●ムーミンママさん
十三夜や十八夜、臥待ち月と呼ばれる十九夜の月などがとても風情があって心にしみる月だと感じます。
秋の収穫の時期とも一致して栗や豆のような形の月を重ね合わせたとも考えられています。
厳しい自然に逆らうことなく収穫の恵みに心から感謝していた様子が想像できますね。
飽食の時代とも言われる現代では、収穫の恵みに感謝する気持ちが薄れてしまっているように感じます。
夜空の月が本当に様々な時代の人や暮らしと密接に関係していたことを改めて気付かせてくれます。
| lunasys | 2009/11/16 12:50 AM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://blog.systemluna.com/trackback/378
トラックバック