<< 春一番 | main | 讃美 >>
黄丹色
Canon EOS 50D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO + CPL
ISO100, Av 0.0EV, F8.0, 1/320sec., WB:Manual

梔子や紅花で染めたような黄丹色の空が懐かしい想い出を呼び覚ます。
あの頃のように無邪気に振る舞うことが出来たならどれほど幸せなことだろう。

どこまでも続く送電線はきっとあなたの住む世界へと繋がっていると信じているはずなのに。
沈み行く太陽の先で見守ってくれているのだろうかと思いあぐねてばかり。

明日へと進み行く時を刻みながら今日という日が終わって行く。
強い意志と決断を持って生きて行くことの重さを感じながら。


JUGEMテーマ:写真
2009.02.17 Tuesday 23:19 | 夕景 | comments(4) | trackbacks(0)
コメント
私の父も、まもなく西の国へと旅立とうとしています。その国が、父にとって住み良い場所である事を願うばかりです。
飯島史彦さんの本など読みますと、少し淋しさを癒していただきます。
西に旅立った方々は、身近で見守っていて下さるそうです。
| さば | 2009/02/18 12:56 PM |
なんだか、とっても懐かしく思うのは何故でしょう・・・涙が流れてなりません。むんさんの写真に出会えてよかった・・・
| ムーミンママ | 2009/02/18 3:53 PM |
今日一日を終えようとして、窓の外を見上げる。
同じ時刻に同じように空を見上げる日々…
何かを決断しなくてはならないという訳ではないのですが、先にも進めないでいる今の心境に、お写真の黄丹色の空が心地よく沁みてきました。
| ema | 2009/02/19 1:06 AM |
いつもコメント戴きまして本当にありがとうございます。
お寄せ戴くお言葉か明日の写真の原動力になっておりますことを感謝しています。
写真であるが故に表現できることを大切にして行きたいと思っています。


●さばさん
今でも美しい夕日を見ると亡き父と過ごした時間を思い起こします。
もっと大切に過ごすことが出来たのではないかと悔やんでしまうこともあります。
私にとってこの色が、いつまでも心に刻んでおきたい色なのかも知れません。


●ムーミンママさん
夕焼け色が心癒してくれるのが不思議ですね。
幼い頃の思い出が蘇りそう感じさせてくれるのかも知れません。
誰にでも時間の流れは平等で決して後戻り出来ないからこそ、一日の終わりを大切に感じるのかも知れませんね。


●emaさん
日々の生活の中で気づかぬうちに心の疲労が溜まっているのかも知れませんね。
傷ついた心には本当に夕焼けが沁みます。
どうか心穏やかに潤いが戻って参りますように願っております。
| lunasys | 2009/02/21 12:00 AM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://lunasys.jugem.jp/trackback/326
トラックバック