<< 芝桜 | main | 地上の星 >>
日没
Canon EOS Kiss Digital N / Canon EF75-300mm F4-5.6 II
ISO100, Av -1.0EV, F9.0, 1/320sec., WB:Manual

--

今日の月 2007-05-12 12:00
月齢:24.641 , 位相:294.986, 輝面:28.879% , 星座:みずがめ座

明日の月 2007-05-13 12:00
月齢:25.641 , 位相:308.414, 輝面:18.932% , 星座:うお座
2007.05.12 Saturday 01:30 | 夕景 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
今年初めてサイトにお邪魔しました。ただただ美しいです。何か涙出るし‥疲れてるみたいですわ★ありがとう。
| 水貴 | 2007/05/13 2:07 AM |
どこの景色でしょう?
本当に素敵ですね(^^)
| ノルン | 2007/05/13 11:52 PM |
●水貴さん
コメント戴きましてありがとうございます。
夕日を見るといつも今日も一日が終わると感じます。
気怠さと寂しさがそう思わせるのでしょうか。
しみじみと明日も良い一日になるように願ってしまいます。

かつてユダヤ暦では一日の始まりを日没としていたそうです。
一日の終わり=次の日の始まり、という論理です。
個人的にはとてもしっくりくる考え方だと感じます。

どうか嫌なことも悲しいことも日没と共にリセット出来ると良いですね。
日の出までゆっくり休んで、この世の春とばかりに伸びやかに一日を始められるよう願っています。


●ノルンさん
いつもコメントを戴きまして本当にありがとうございます。
実はこの写真、私のオフィスの入口前から撮影したもです。(^o^)
ゴルフ練習場のネット越しに見る夕日が郷愁を誘っていました。

もしもこの地球に生命が誕生していなかったとしても、この美しい日没が日々繰り返されて来たのかも知れないと思うと、これほど美しい日没を誰のためでもなく自然が作り出したとは、にわかには信じがたいものがあります。
やはりこの地球は神が作り出した地上の楽園なのだと思いたくなってしまいます。

現実社会には思わず目を背けたくなるような光景も多々あります。
それでもこの世に溢れる美しい光景を捉え続けて行きたいと思います。
| lunasys | 2007/05/14 12:04 PM |
コメントする









     
この記事のトラックバックURL
http://lunasys.jugem.jp/trackback/136
トラックバック